伊寿美 プロフィール

伊寿美(いずみ) プロフィール

 

3歳よりバレエ・器械体操・ダンスと親しみ
20歳よりエアロビクスインストラクターとしてスタートする。

スポーツクラブ・文化センター・企業・サークル・公民館など運動指導歴20年以上、シニアから幼児までどの世代もこなし、集客率はいつも高く人気講師として活躍する。

34歳での出産とともに活動をフェイドアウト。重い病気と闘う息子との生活に、自身も身体を壊す。

そんな中、40歳を過ぎてポールウォーキングに出会い、再び動き出した脳と身体。歩くことの大切さと2本のポールの偉大さに感動し、もっとたくさんの方々に届けたいとユニークな発想は膨らみ続けTwin Pole Revolution ウォーキングとして発信し始める。

2本のポールでの研究は既存の枠に留まらず、常識は疑ってかかれの信念。想像し創造し続ける姿は、多くのポールでの指導者からの期待は大きく、歩く大切さを伝えることを、独自の発想力で構築する。

歩くことは、生きていくための力となることを自身の経験を踏まえ歩くことを伝えることを使命に、歩くことの追及はとどまることを知らない。

こちらも、、、長いですが、、、

↓↓↓

Message

 

皆様、こんにちは。
TWINPOLE®︎ の公式ウェブサイトへご訪問いただきまして誠にありがとうございます。TWINPOLE®︎ 考案者の 伊寿美(いずみ) です。

歩くことは、今の現代を生きる私たちのもっとも欠けた部分です。
歩くことが少なくなったから、多くの悩みを抱えることになったとも言えるのです。
私は、歩くことの大切さをお伝えしたい!

しかし、歩くことになかなか興味をもって頂けないのも事実です。

そこで、
音楽とファッションと創造性を合わせたウォーキングが誕生しました。
それが TWINPOLE®︎ です。

私たちは
歩くことの意味をもっと知らなければなりません。

地球上に生まれ、人として命を頂き、
生まれた意味をきちんと考えなければなりません。

歩くことは、命を大切にすること。
なぜならば、歩くことは、身体も脳も心も強くしていくから。

歩くことをもっともっと楽しんでいただくには?
と運動指導の現場で悩みながら進み、研究を重ねて

ついに Twin Pole® は誕生しました。

ウォーキングをする側はもちろんのこと、
見ている側も楽しくなる「ウォーキング」というエクササイズは
これからさらにウォーキングのファンを増やしていく
きっかけになっていくことは間違いありません。

ポールはどこまでも続く、私の夢でもありながら、
ポールに支えられ、そして飛び立ちます。

2本のポールでウォーキング革命を起こしてみたいと思います。

 

片山 伊寿美(いずみ)(2本のポール冒険家)

 

70歳ワクワクダンディが世界を幸せにする


電話をかける